>  > ケチじゃないとは思うんですが…

ケチじゃないとは思うんですが…

自分自身、ケチではないとは思うんです。友人と何かすれば割り勘が当たり前だと思いますし、めったにありませんが女性相手であれば奢ったりもします。それでもケチと呼ばれるのは、きっと普段から節約しているからですかね。節約している理由、それは風俗のためなんです。風俗を利用するために常日頃から節約しているのは事実です。例えば、コンビニではあまり買い物をしません。コンビニよりかはスーパー。更に言えばスーパーでも閉店間際とかに買い物をするようにしています。その方が割引があったりしてお得じゃないですか。そこで節約した分は風俗に回す。それが自分流なんです。だから別にケチとかではないと思うんですけど、それでもどうしてもケチと映ってしまうのは、風俗を利用していることは誰にも言っていないからですかね(笑)風俗に行っていないとなれば、ただ単に節約しているがめつい男なので、ケチに思われるのも仕方ないかもしれませんけどね(笑)

綺麗なおへそもポイントだった

綺麗なおへその持ち主であるRちゃん。おへそフェチの自分としては風俗で相手をする女の子はいろいろと凝視してしまいますが、おへそもその一つなんです。どんなおへそなのかによってやっぱりこちらとしてはは気になるものじゃないですか。そのおへそがとっても綺麗。それだけでこちらとしてもその日の勝利を確信しましたね。そしておへそを攻撃していると良い反応をしてくれるじゃないですか。それが更に良かったんですよね。もちろんおへそだけじゃないですよ(笑)彼女の全身をくまなくチェックさせてもらいましたし、こちらもチェックしてもらいました。フェラからシックスナイン、そして騎乗位という流れとなりましたけどごく自然なムーブメントで彼女の風俗嬢としてのポテンシャルの高さを味わうことが出来ました。特に騎乗位ではおへそも思う存分間近で堪能することが出来たので自分の中ですが、最高に満足出来る風俗の時間になってんじゃないかなって思っています。

[ 2015-07-28 ]

カテゴリ: 風俗体験談